私地獄

twitter:@ataso00

インドのかっこいいバンド

今度インドに行くので……気分を上げたくて……。

個人的なメモです。

因みに行くのは、レー・ラダック方面なので一般の方がイメージするようなインドではなく、チベット圏で標高3500mとか?です。音楽もクソもない。めちゃくちゃ寒いらしい。嫌だな~

f:id:ataso01:20171004154852j:plain

こういう感じのところ

 かっこいいバンド色々


Stuck In November - Polyrhythmic Synth Jazz Simulation

マスロック。日本でも普通にウケそう。ナイスパ、MARZ、ERA辺りで見たい!こんな音、あのクソインド人が出せるのかよ……。


Pepsi Unbox - Space Behind The Yellow Room - Teach Him To Dance

ポストロック。バンガロールというIT都市出身なので、この都会の洒落た感じもなんとなく音楽ににじみ出ている気がする……。日本では首都も最先端の文化が入ってくるのも東京だと思うけど、インドは首都がデリーで新しいものが入ってくるのはバンガロールからって感じがする。デリーは、最近グルガオンという地区に色々と新しいマンションや会社が建てられているっぽい(けど、交通面がめちゃくちゃ悪い)ので、将来的にここからも文化が生まれてきたりするのかな?

インドってイギリスの植民地だった歴史があるんだけど、音楽の趣味趣向も関係してくるんだろうか。


Disco Puppet - Astronot EP

ソロプロジェクトもいいね。かっこいい。なんでバンドとソロを分けたのか、何をやりたいのかがよく分かる。「この人、めちゃくちゃ音楽聴いてるな」感。


Candy Cloud Conspiracy - Make Believe

ポップバンドかなあ。声と音の耳障りがめちゃくちゃいい。Teenage Fanclubとか好きそう。こんな音を、なぜ、インド人が……。


Parekh & Singh - I Love You Baby, I Love You Doll

シンガーソングライターらしい。いいね~、すんなり入ってきます。MVの感じもインドっぽさを残していて、映像の感じもとてもいい。

因みに日本のスターバックスってアメリカ風(?)なんだけどインドのスターバックスは思いっきりインド意識なんだよね。そういうところも私はインドが好きです。

www.youtube.com

あ~いいぞ、いいぞ。オルタナ。好きなジャンルだし、どこの国のオルタナも聴いていて安心するね~。ライブがよさそう。このMVも独特でかっちょいい~!

因みに同じ名前のバンドが日本にもいて、徳島のバンドなのか?サイケデリックポップバンドらしい。築35年木造住宅にリノベーションを施し、北欧モダンをテーマにした隠れ家的カフェのBGMとして使われていそうな感じだった。


Until We Last - To Space and Back

これは、ポストロック。EITSとかMogwaiとか好きなのかなあ。普通に聴ける。


When Chai Met Toast - Firefly [Official Video]

バンド名がいい。あと、結構売れてるっぽい。どちらかと言えばカントリーなんでしょうか。なんか伝統的な楽器弾いてる。こういう伝統的な音楽を継承しているバンドの方が国内では売れる傾向にありそう。なんとなく。


Frame/Frame - Pastels

一回エレクトロに触れるとゴアトランスまで広がっちゃう気がしてやめようと思ってたんだけど、これいいな~クソぶちあがる。深夜のフジとかで聴きたい

youtu.be

こっちもいい。女性のウィスパーボイスとの相性が抜群

www.youtube.com

こちらはお隣パキスタンのバンド。エモ好きに刺さりそう。パキスタンは行ったことないけど、国の情勢的にまだまだ音楽を作る環境が整っていない気がしている。どこで練習するんだろう。というか、楽器も買うのに苦労しそうだ。宗教的に考えても、親族一同に反対されるんじゃないだろうか……パキスタン……。

youtu.be

アシッドハウス。中毒性が凄い。やっぱり大麻の国ってだけあるな~

数年前に亡くなってしまったらしい。

www.youtube.com

エレクトロ。日本が好きなのかな

女性が音楽シーンに介入しているの、だんだん男女平等に向かっている感じがしていいね。まだ若そう。もう服装からして明らかではあるけれど、恐らくこの子もカーストが高いし家も比較的お金持ちだと思う……。

youtu.be

こちらも女性。エレクトロ。かっこいいね。

youtu.be

こういうの聴くと全然どこの国の音楽かわからないな~音楽に国なんか関係ないね~~めっちゃいい

 

今回の旅行は、音楽目当てで行く訳ではないので全く期待していないけど、久々のデリーも2泊3日で滞在するので色々見れたらいいなあ~……と思っている。楽しみ。

 

indian-music-catalog.com

こちらのサイトを参考にさせていただきました。もう更新されていないね……。

 

以下、メモ

・「ボリウッド」という言葉があるようにインドは映画大国。そのため、音楽も映画の主題歌とか劇中歌とか、そういった曲が流行る傾向にあるらしい。でも、インドの映画って上映期間が異常に短いんだよな……その辺りはどうなんだろう。

・インド、というか発展途上国全般に言えるんだけど、音楽は無料で当たり前だし、「なんでネットに落ちているものにわざわざお金を払わなくちゃいけないのか?」という考えの人が一定数いる。というか芸術・文化に金を払うのは生活に余裕のある富裕層くらいだろう。

・上記のこともあり、音楽で食べていける人は本当にごく僅かだと思う。例え、海外の雑誌やメディアで取り上げられたとしても。結構クラウドファンディングで金を徴収しているっぽい。こういう金銭徴収の方法、日本でも一般的になってくるんだろう。

・日本人から見るとインド人がバンド組んでる姿がおかしな感じに見えるかもしれないけど、日本人のバンドなんて黄色人種だし演奏も下手だし英語の発音も下手だし、もっと変なんだろうな……。

・インド人男性からすると日本人女性とセックスするのが自慢のなるらしく迷惑なほど口説かれるんだけど、男性だと凄く馬鹿にされるらしい。インド人は一応ヨーロッパ方面の血を引いているので、黄色人種を下に見ている層はまあ、一定数いるでしょう。

・女性のシンガーがちょいちょい出始めていてうれしい。さっきも言ったようにカーストも絶対高いし富裕層なのは間違いないけど、一応エレクトロニカとかバンドの界隈には「女なのに音楽なんて」「女のくせに」と言う人が比較的少なく、きちんと音楽性を評価しているってことなのかな。

・インド国内での富裕層と音楽、男女平等などをなんとなく考えてみると、新しい考えや文化を取り入れるのはどこの国もお金を持った人なんだろうか。まあ、金ながったら目の前のことや生き抜くことに必死で、文化に金も使わないし他国の動きなんか興味ないもんな。特にカースト的概念とか男女平等とか結婚(インドはめちゃくちゃ面倒くさい)に関する考えとか、最近になってどんどん欧米化している気がしていて、こういう考えも上から下へと浸透していくのかな……。

・上記のバンドか似たようなバンドを見るために「インドの代官山」と呼ばれるところに行くつもりだけど、セクハラとか面倒臭そうだな~でも若い人しかいないなら大丈夫なのかな~~心配だ

・どこのバンドもあまり活動していないみたいだった。真相は分からないけど、やっぱり演奏できる場所が少ないんじゃないかな?と思ったりもする。そう思うと日本はとても恵まれている……。

・今は日本のバンドの方が盛り上がっている気がするけど、逆転するんだろう。音楽性とか、経済面とか考えると。