読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私地獄

twitter:@ataso00

下着を買いに行くと死ぬ

「あんた、新しい下着買えば?でも別に誰に見せる訳でもないし、必要ないか!」

ついこの間、「いってらっしゃい。」の代わりに母から言われた台詞がこれでした。

 

大学を卒業して新卒蹴って海外をフラフラし、日本に帰って就職してようやっと落ち着いたと思ったら、その会社を3か月ちょっとで退職。その後、新しい仕事を見つけて慣れないながらも1か月が経過しようとした、そんな時。

平日ほぼ毎日飼い犬の散歩に行き、休みの日は、家に引きこもって読書か映画鑑賞。たまに外に出たと思えばライブか飲み会。しかし、どんなに泥酔して記憶や終電をなくそうが遺伝子レベルで帰省本能が働くのか、必ず家には辿り着く私。

そんな娘に男の影が一切ないのを分かっているのでしょうか、お母さん。そうです、私には男の影が一切ありません。いや、男の人と飲む機会の方が多いんだけどさ。それでもやっぱり何もない。何もないのです。「無」。その一文字で私の最近の恋愛状況を語ることができます。周囲の人間がどんどん結婚しだす第一次結婚ブームを迎えた今日この頃。彼氏のいる友人は「結婚?まあ、するんじゃない?今の彼氏と別れて新しい人見つけるの面倒臭いし。」というセリフを吐き捨て、フリーの友人は戦闘態勢万全で、合コン・婚活・クラブにジム通いですよ。それに対して私ですか?最後にデートを?したのは?はて、いつだったでしょうか……。

 

下着。そうです。下着。

その奥には夢と希望が詰まっている下着。

いくらメルカリやヤフオクなどが流行ろうが、必ず新品でなければならない下着。

どれだけ生活を切りつめても、消耗品であるため、必ず定期的に買い替えなければならない下着。

ブラジャーを付け始めて10年以上経過しますが、この年齢になっても買い替え時の分からない下着。

下着とはなんなのか?宇宙の真理か?

泥酔して「パンツ見えてますよ。」と注意されたのに何故か逆切れし、「あ?パンツは見せれねえもん隠すためにつけんだろ!だったらパンツは見せてもいいだろ!馬鹿野郎!!!」という謎の名言を吐いてしまったのは間違いなのか、下着。

 

前置きが長い。

そう。私、下着を買うのが苦手なんです。

もう死にたくなるんです。無理なんです。あんな女を全面に出さなきゃいけない場所に立っているだけでめまいがするんです。でも通販は嫌!!!何故ならサイズ感と質感が分からないから!!!あと中側の構造!私は服も通販で買わないの!!!

ねえ!なんなの!下着屋!!!無理!!!

 

という訳で日本に帰国してからほとんどの下着をユニクロとしまむらで済ませていた女の風上にも置けないような私ですが、なんと!先日!ついに初任給をいただいたのですね。おめでとうございます!!!なんとか生きていけます!!!なんだかんだお金は大事だ!!!

会社には一切「いいな♡」と思う人もおらず、更に男の人に下着を見せる機会が遠のいた気がしなくもないのですが、死ぬほど根に持つタイプなので母に言われた台詞が頭から離れません。エロい下着買うぞ!夏は谷間に汗貯めるぞ!と重い腰をあげ、いざ行かん下着屋。

 



 

まず、店に入ること自体に抵抗を覚えますよね。


女性の下着であるからこそ、デパートなどでは申し訳なさそうに端の方にあったり、どんと構えているかと思えば外からは見えにくい構造になっていたりと、クッソ入りづらい。本当に死にそう。私はあの時点で振るいにかけられて、女というステージから降ろされている気がする。ラスボスが待ち構える城に挑もうとする勇者と多分同じ気持ち。この日の服装も、パーカーにジャージ。さらに、適当な化粧という最悪のコンディションだったし。パステルカラーを基調としている、照明を薄暗くしている、など下着を選びやすくしているであろう様々な工夫が凝らされているが!!!それが逆に入りづらいんだよ!!!!!

ブランドで言うと、リズリサやピンキーガールズに入る時相当の勇気がいります。入ったことねえけど。


女物の下着屋、というと普段普通に生活していてよく見かけるのはAmo’s styleかtutuannaでしょうか。ここで買う下着、安いが故にすぐだめになるけどな。

男性はイメージし辛いと思います。大型ショッピングモーであればどちらかが必ず入っているので気になる方は見つけてみてください。

通販も込みで考えるとピーチジョンも知名度は高いですよね。


話は転じますが、数年前男性が女性に下着をプレゼントするという謎の流行があったじゃないですか。あれは男性が直接下着屋に行くんですよね?勇者かよ。しかもあれだけのサイズと種類がある中で彼女にぴったりのものを選べるなんて天才かよ。ヤったあと彼女のブラのサイズを見てメモっておいたとしても、服の好みと下着の好みって違ったりするじゃないですか。すげえよ、本当。胸張って生きて欲しいよ。

 


で、店の中に入ると、当然ブラジャーがびっしり並んでいるんです。もう無理。お腹が痛くなってくる。


当たり前なんですけど、ブラジャーって乳の形をしているんですよ。その柔らかい女性の部品を守るため、手洗いのしづらい特殊な形をしています。なんなら固いワイヤーとか入ってます。名探偵コナンでも、ブラジャーのワイヤーを尖らせて人を殺す、みたいなトリックがあったはずです。あのワイヤーが布突き破って乳に刺さるとクソ痛い。私はそれで谷間を2度ほど怪我をしたことがある。


店の壁一面が、乳を主張するんです。女性であることを全面に押し出してくるんですね。ブラジャーには女であることの迷いがない。多分あいつらを擬人化したら、「趣味?恋愛かな……?」と小首をかしげながら言ってくるクソ女みたいな奴だ。


まあ~〜〜〜ブラジャーから放たれる圧迫感が凄い。新作であればあるほど凄い。自信持ちすぎ。もう無理、私無理よ。店員の女大体声たっけえし。なんなんだよ、うっせえよ。「お気軽にお申し付けください。」じゃねえよ。下着くらい静かに選ばせろよ。気軽に申せねえよ。マニュアル通りの同じことばかり繰り返しやがって村人Dかよ。こっちは早く任務を終えて帰りてえんだよ。下着を買うという任務をよお!!!という気持ちで胸が一杯になります。ブラジャーだけに。

 

そして、下着を選びます。カップ数やアンダーのサイズは二の次です。まずはデザインが気に入らなきゃ買う気にもなりません。ここでも問題が発生します。 


なんでどれもこれもレースとかリボンとか付いてんだよ!!!

私は激怒します。

下着ね、可愛いんです。凄く。でも私には似合わないんです。キャラ的にも、見た目的にも。

大体のパンツには中央部分にリボンがあしらわれているのですが、それだけでもなんかちょっと「うわ」って思っちゃうんです。

下着も色々なタイプがあるのだと思います。でも、自分やライフスタイルに適したものになかなか出会えないんですよ。

 

まず、代表的なのはレースや刺しゅうをあしらったものでしょうか。

これは駄目ですね。ハートやらお花やら刺しゅうに、リボンなどの無駄な装飾がたくさんついています。可愛いです。可愛すぎます。布の部分が少ないリズリサです。なんかもう私のような人間に買われてしまうのが可哀想です。せっかく、可愛らしくデザインされたのに人の目に触れることもなく、乳に覆い被さるだけでその一生を終えていく…そんな下着の人生を考えただけで涙が出ちゃいそうです。

 

それ以外だと、水玉模様、なんか花柄とかがプリントしてある奴、無地、スポブラなどがあると思います。主にドンキホーテで購入可能な無駄にエロい奴とかもあると思うのですが、私の守備範囲外なのでよく分かりません。

 

水玉模様となんか花柄とかがプリントしてある奴。てめえは駄目だ。なぜなら白い服を着た時に透けるからです。

私がまだ女子高生だった頃、同じクラスの女がどピンク水玉のブラジャーを透かせたまま学校に来ていたことがありました。てめえは、馬鹿か?「大丈夫だよお~」じゃねえよ、と思いました。しかも、彼女モテたんですよね~。下着が透けてたからですかね。

私ももう妙齢です。そんな女が下着を透かせていてはあまりにもみっとも無さすぎます。

ここまで書いて気が付いたのですが、別に下着の上からキャミソールでもなんでも着ればいいですね。今春だし忘れてたわ。まあ、個人的になんか幼く見えるし好みじゃないだけです。花柄とかもなんか好きじゃないんですよねえ~安っぽくて。あれ男性どう思うんですかね。今からの時期、南国っぽい奴とか売り出されるじゃないですか。夏に向けて。胸にたわわな果実を実らせて何がしたいんですか?って感じですよね。

 

次に、無地です。無地にも2種類あります。

機能性に長けたもの。そしてエロ真っ盛り!みたいな奴です。

機能性というのは、例えばブラジャーのラインを出さないとか、胸を支えるワイヤーがない、とか。これは本当にシンプルなので、付けててつまらないです。てかこれ付け続けていると、流石に女として超えちゃった?ボーダー、越えちゃった?と思いました。ついこの間までの話です。もう辞めます。かわいいブラジャー付けてモテます。背中から肉集めて乳にします。

ブラトップなどもあります。キャミソールとブラが一緒になっている奴。夏はいいですよね~楽ちん。着脱時に胸が引っかかるので大変なんですけど。旅行に行くときも、ワイヤー入ってないからこそ収納しやすいし手洗いも出来るし何より乾くのが早いので、なかなかいいです。全く色気がないので、盗まれる心配もないです。

 

無駄にエロい無地の下着もなかなか曲者です。エロい上に、カラーバリエーションがあまりない。大体黒か赤。まじか、って感じです。真ん中に申し訳程度にゴールドかパールのちょっと安っぽい飾りがあしらってあったら最高です。エロいです。無理です、こんなもん付けられないです。

 

スポブラは論外です。乳が漏れます。

 

そして、パンツもなかなか困ったものです。まあ大体はブラジャーと一緒のデザインで、何種類か形があったりなかったりします。

紐結ぶタイプとか最悪ですよね。エロいけど!エロいんだけど!!!あれ結んだ状態でスキニー履くと結び目部分が当たっていってえんだよ!!!あと寝相の問題なのか、私の生活態度が悪いのか、寝てる時ごくたまに脱げる。

 

という訳で、自分好みの下着が見つからずに、下着をうろうろ。ちびくろサンボかと思うくらい回りました。本当にないんですね。かわいいんですよ。でも自分に合う程度のかわいい下着がないんです。可愛さレベル45/100くらいでいいんです。かと言って、自分に合うデザインの下着が想像できないんです。そして、これなら!みたいな奴があっても自分のサイズがなかったりします。なんなんですかね。

「激盛れブラ!」とか「谷間を作る!」とか買ってどこに乳盛っていくんじゃ~、とか考えちゃうし。別に背後が綺麗に見えようがなんでもいいのよね……。乳が守れたらそれでいいんです。どうしたらいいんですかね。

 

で、試着するんです。ここでも問題が発生します。

他の人がつけている可能性があるんです。最悪です。もう無理。死んじゃう。しかも素肌。

でも実際の付け心地とか、あるじゃないですか。服も試着したいじゃないですか。フィット感、見た感じとか、知りたいんです。私は意を決します。無駄に息とか止めちゃいます。で、こういう感じか~と思いつつ、ブラ取って半裸になる訳ですね。

 

「お客様~〜〜〜〜〜〜?いかがですかァ〜〜〜〜〜〜〜?」

 

流石は店員。しかもこいつは店長だ。この半裸になったタイミングを狙って声を掛けてくる。もう無理。私乳ぼろんぼろんさせながら「あ、大丈夫ですぅ~」とか言っちゃったわよ。とっさに「大丈夫」と答えてしまったけど、サイズ微妙に間違えたから全然大丈夫じゃなかたんだけど。キッツいわ、クソ。

 

そうして、やっと下着購入にこぎつけます。ここでもいろいろな思考を巡らせます。カラーバリエーションも様々。パステルカラー白黒、まあまあ色々あります。とりあえず複数買いするときは同じ色で揃えるのは避けたいもの。それが女心!ハイ!女心〜〜!!!!!便利な単語!

で、何気なく選んでいると、黒・白・紺辺りに落ち着きます。私服と似たものを選びだします。頑張ってブルーです。ブルーと言っても藍色のような青ではなく、パステルカラーのブルーな!


ここでも葛藤があるんです。


天使「せっかく女だし、誰にも見せないからこそ、ピンク色とか可愛いデザインのものを買いましょう。」

悪魔「お前がピンク?似合わねえよ!死ね!!!」


このように、頭の中の天使と悪魔が戦い始めます。しかしいつも勝つのは天使!!!服の中は部屋と同じだ好きにさせろ!!!yeah〜〜〜という感じでガンガンぶっこんでいきます。

こうして私は当面は困らなさそうな数の下着を購入します。さっきから散々文句は言いましたが、どうせブラジャーにはリボンとか刺しゅうとかめっちゃあしらってあるし、パンツの中央にはリボンがあるよ!悪いか!!!


そして、レジに持っていきます。

ここでもサイズ確認という試練が残っています。ここで~~私の~~~胸のサイズを~~~バラさないでください~~~~~です。いや読み上げたりはしなかったんです。でも、こう…女性としての価値?を店員に試されている気持ちになります。ただコンプレックスが肥大化した故に考えすぎているだけなんですけど。

胸のサイズを知ることはとても大切だとは思います。でも、それと同時に体の中で最も女性であることをアピール出来る部分を文字や数字で分けるのってどうなんだろうなあ、と思います。

しかも私の場合は、平均より少し大きくてなんだかそれも申し訳ないんです。女として評価されたい訳ではないし、そういう見られ方をするのは避けてきて、本来ならいらないものなのに、身体は意志とは真逆なのか、みたいな。つーか無駄。Tシャツ似合わねえし。


 下着、選ぶの大変ですよね。気持ちが。


もう本当に大変です。私のHPは0です。下着屋入る度に死にそうになります。でも定期的にこの戦は開かれるのです。辛すぎ。これ普通に出来る女すげえわ。ビレッジヴァンガードの中に下着屋出来たりしねえかな。

 

 

しかし、ようやくちゃんとかわいい下着を手に入れ、年齢相応の女らしさを手に出来るのではないか、という気すらしています。嬉しいです。嬉しい!です!!!!!かわいい下着買っても誰にも見せられないしインスタグラムにアップできないのまじ無念!